私は独身で彼女も居ない寂しい男なのです

家出をする少女たちは何らかの事情で家を飛び出してきているのです。
私は仕事の帰りがいつも遅いのです。
しかも仕事までの距離が大分あるのでいつも仕事に出社するときは車で出社しているのです。
そして当然のことですが、帰りも車なのです。
私は独身で彼女も居ない寂しい男なのです。
いつも仕事終わりに車に乗りながら「今日も寂しい自宅に帰らないといけないのかー」と思うとため息が出るのです。
私は、ある日の夜いつもと同じように仕事が終わり車を走らせながら自分の自宅に帰る途中だったのです。
すると、ある公園で一人の女子高校生が数人の男性に囲まれているではありませんか。
私はこれは見て見ぬふりが出来ないと思い思わずどの数人の男性たちに突っ込んでいき女子高校生を助けてあげたのです。
数人の男性たちが逃げていった後にその女子高校生は私の方に「ポンと」手を置きながら君って結構勇敢なんだねと言ってきたのです。
私はその時思わずその仕草にドキッとしてしまったのです
その女子高校生に家出の原因を親身に聞いてあげると親が喧嘩ばかりしていて私のことなんて見向きもしてくれないから家出をしてきたらしいのです。
それを一通り聞いた私はその女子高校生を抱きしめながら「そうかそうか」と言って頭を撫でてあげたのです。
そして数分間その女子高校生を抱きしめた後に唇と唇が重ね合ってキスをしたのです。
そしてその後の行動はもうお分かりですよね。
その女子高校生とラブホテルに行き濃密な時間を過ごしたのです。
その女子高校生の服を脱がせてからその大きなおっぱいを両手で揉んだり吸ったりしたのです。
そして徐々にハードなセックスに移行していったのです。
そのようにしてその女子高校生と何回も何回もセックスをしたりセックス以外のことをして楽しんだのです。
つまりその女子高校生と濃密な時間を過ごしたのです。

Post Author: 甲斐田